心友会の紹介
クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の向上を目指す全ての心臓機能障害者の方々へ 一緒に歩みませんか?私たちは心臓病者友の会(心友会)です。
心臓病者友の会(心友会)は全国心臓病の子どもを守る会(以下、守る会)の内部にある、心臓機能障害者本人のための団体です。
本人達が交流や会活動を通して、より質の高い生活をめざし、特定の病院や地域を越えて活動しています。
質の高い生活とは、心臓機能障害を抱えているとしても物質的・精神的に充実した日々を送り、豊かな人生を歩んでいくことと考えています。

1.会員は

先天性と後天性の心臓機能障害の方が在籍しています。(15歳以上の心臓病者本人であれば、どなたでも参加できます。)
心臓機能障害と他の合併症の方も在籍しています。

会員は15歳から60歳以上と幅広い年齢層の方が在籍しています。
10代には進路、20代・30代は就職や結婚という人生の節目の大きな課題があります。
40代、50代になると子育てや職場での悩み、親の介護問題等に直面します。
60代以上になると、自身の老後や、セルフケア(体調管理)で悩まれているかもしれません。
さまざまな世代や状況の会員がいるため、お互いに助言を交換できます。
この生きた情報こそ一人ひとりが質の高い生活に近づく手がかりになっているのです。

2.心友会の運営

支部単位での活動
基本的には各都道府県単位の活動を行っています。また、地域ブロック単位での活動もあります。
(地元から全国まで、共通の悩みを語り合える友人たちが、あなたの参加をお待ちしています。)

全国単位の活動
年に一度行う全国交流会は、各地より大勢の仲間が集まります。体力に自信のない会員や、普段外出する機会が少ない会員も安心して参加しています。
そして「良き思い出ができた」「新しい友達ができた」「楽しかった」と笑顔で会場を後にします。また、全国的な活動のために本部を持っています。

会外への働きかけ
心臓機能障害への理解を世間一般に広める活動を行っています。福祉制度や雇用制度の充実を目指し、インターネット上でホームページを立ち上げるなどして、自分たちの存在をアピールしています。

会報の発行
会の活動報告や会員の声、医療・福祉制度についての情報を掲載した、守る会の会報「心臓をまもる」が毎月、届けられます。
加えて、支部報が届けられる地域も多くあります。  

3. 入会

15歳以上の心臓機能障害者本人であることが条件になります。
また心友会は守る会の内部組織であるため、心友会員は守る会会員でもあり ます。
守る会は1963年(昭和38年)に結成され、現在全国で約6,000世帯が加入し ています。
詳しくは裏面をご覧になり、お問い合わせください。
(一緒に心の輪を広げましょう。)

会費について
※会の運営のために、年会費をお納め頂きます。入会時に関わる会費についての詳細は担当支部へお尋ね下さい。

「心臓病の子どもを守る会」、「心臓病者友の会(心友会)」へのお問い合わせは、下記までお願いいたします。
※メールにてのお問い合せについては、お名前と在住都道府県を必ず明記願います。

全国心臓病の子どもを守る会
心臓病者友の会(心友会)
〒170-0013
東京都豊島区東池袋2-7-3 柄澤ビル7F
TEL:03-5958-8070
FAX:03-5958-0508
e-mail: 全国心臓病の子どもを守る会

心臓病者友の会