心友会規約

(2005年9月18日改正)

(名称)

1.この会は、心臓病者友の会(略称・心友会)といい、全国心臓病の子どもを守る会の会則に基づき、部会として設けます。

(事務所)

2.この会の事務所は、全国心臓病の子どもを守る会事務所におきます。

(目的)

3.この会は、会員相互の親睦と助け合いをはかり、心臓病者の精神的、社会的問題を話し合い、その解決につとめることを目的とします。

(会員)

4.この会の会員は、全国心臓病の子どもを守る会会員、または会員の子弟のうち、15歳以上の心臓病患者で、この会の目的に賛同し、入会申込書を提出したものとします。

(単位組織)

5.この会の単位組織として、原則として全国心臓病の子どもを守る会の支部単位に「○○心臓病者友の会」をおきます。

(機関)

6.この会の全国的な活動を円滑にするため以下の運営体制を設けます。
・代表者会議 : 心友会の活動方針の決定、役員の選出を行います。 この会議は各支部心友会から選出された代表および役員で構成されます。
・本部: 活動方針に基づいて心友会の運営を担う機関として、本部役員会を設置します。

(役員)

7.上記運営体制においてこの会を運営する役員を以下のように定めます。
・役員は代表者会議において任命されるものとします。
・役員の任期は1年とし、再任は認められます。ただし各人の体調、特別な事情により継続が困難な場合は、途中辞任、交代も認められます。
・役員は、本人の意思に基づき全国の心友会会員から選出されるものとします。

(.財政)

8.この会の財政は、原則として全国心臓病の子どもを守る会の財政をもってまかないます。
付則
この規約は、2005年9月18日から実施し、その改廃は代表者会議で行います。


前のページ
心友会とは?
コンテンツのトップ 次のページ
心友会マップ