各県支部活動報告 : 全国交流会分科会リハーサルイベントを開催(5/31 東京・千葉)
投稿者: 管理人 投稿日時: 2008-08-17 (3243 ヒット)

皆さん、7月に富山で行われた全国交流会には参加されましたか?
去年はなかったので久しぶりの全国交流会でしたね。
全国交流会はなかなか会えない遠くに住んでいる友達と会うチャンスで、
皆さん楽しみにしているイベントだと思います。
そんな楽しみな交流会の一部が、一足先に東京にやってきたのは、5月31日のことでした。
その日行われたのは、千葉心友会と東京心友会(カルミア)※ の合同イベントの「英語で話そう! 心臓病」。
要するに富山での全国交流会の分科会のリハーサルイベント
(といってしまうと身も蓋もありませんが…)でした。

「最近は心臓病者でも海外に行ったり、日本にいても外国人の友達ができたりという機会が増えてきました。
そんなとき、自分の病気のことや手伝って欲しいことなどを英語で説明できたらどんなにいいでしょうか。
そんな思いを実現するために、自分の病気のことや普段使うことの多い表現を英語で考えてみましょう。」
なんて、大層な触れ込みで始めたリハーサルイベントには雨の中、
東京・千葉以外の心友会の方にも参加いただいて楽しむことができました。
多くの参加者は中学や高校で英語を学んだ程度のごく普通の日本人。
それでも、海外に思いを馳せながら(そして海外のお菓子を食べながら)頭を悩ませつつも、
あれこれ相談しながら久しぶりに触れる英語で文を作っていきます。
最初はちょっと抵抗感があっても「勉強」以外の場で英語に触れることは楽しいと感じてくれたようです。
最終的には、自分が病気だからこそ伝えたいことがそれぞれに言えるようになりました。
主催者側の準備不足でぎこちない部分も多々ありましたが、富山に行く人も行かない人も
まるで富山(というかイギリス)にやって来たかのような雰囲気の中、楽しむことができました。
病気を持っていても外国の空気には触れてみたい。
だけど病気を持っていると、どうしても伝えないといけないこともある。
そんなニーズに応えるこのイベントは楽しみながら、同時にとても有意義なものになりました。
これで将来、心友会に国際化の波が押し寄せても、もう大丈夫!? 
(会報「FRIENDS TO HEART」8月号より)

※東京心友会は、年代別の活動を行っており、カルミアは、40才以下の活動グループです。